脱毛の種類にはどんなものがあるの?医療脱毛って?

医療脱毛では医療レーザーを使用して脱毛します。
レーザーを照射するマシンの出力が非常に高いですので、エステ脱毛に比べて強い痛みを感じるものです。

医療脱毛

毛が生えるサイクルですが、毛周期と呼ばれています。
すべての毛が同時期に生え始めるのかといえばそうではありません。

成長前期から成長後期、そして退行期から休止期という順で毛が生え変わります。
医療レーザー脱毛は成長期の毛だけに効果を発揮しますので、一度にまとめてすべての脱毛が完了するのかといえばそうではありません。

それでも、1年ないし長くても2年で脱毛を完了できるという点においては医療脱毛だからこそのメリットがあるのです。

光脱毛

光脱毛ですが、医療レーザーよりマシンの出力自体は弱いのですが、あまり痛みを伴うことなく施術が受けられます。
光脱毛の場合、強い光をあててダメージを与えつつ少しずつ毛を薄くする方法で脱毛をすすめます。

この光は毛だけでなく毛根も刺激しますので、施術を繰り返し受けることによって生え変わるけが産毛のようにとても細くなって目立たなくなります。

施術を受けてから2習慣から3週間ほど経つと、ダメージを受けた毛が生えてきますが、毛が生えてきてもすぐに抜け落ちていきます。
また、生えかわった時期に脱毛サロンにおいて施術を受けるというサイクルを繰り返すことになります。

脱毛以外にサービスはあるの?

施術を受けた後の体は非常に敏感になっています。
そのため、アフターケアを欠かすことができません。

医療レーザー脱毛もフラッシュ脱毛も、マシンで照射されたあとのお肌はやけどのような状態になっています。
肌をいたわるために該当部位の施術を終えた跡にはスタッフが保湿ケアを行うというのが通常です。

そして、当日はお風呂には浸かることなくシャワーだけで済ませることも両者ともに変わりはないでしょう。

ただし、医療脱毛の場合には施術語のお肌の状態次第では抗炎症剤を処方される人もいます。
万が一のためのケアが行き届いているものは、エステ脱毛に比べて医療脱毛という印象が強いです。
ただ、エステ脱毛でもサロンによっては保湿ケアが非常に丁寧です。
丁寧にケアをしたいと思うのであれば、自宅で乳液、クリーム塗布することで特に問題はありません。

脱毛後にしっかりとお肌の状態を良くするということを考えると、脱毛後のお肌のケアを徹底するのはとても重要になります。

コメント